CAN I HAVE A!!! -キ ャ ン ア イ ハ ブ ア !!!-

いきる・はたらく・かんがえる。多彩な若年層向けwebマガジンである!

札幌市自立支援施設火災、入居者11名死亡。 そしあるハイムとは?

こんにちは。マヤです。1月31日にこんな火災事故がありました。

www.asahi.com

www.nikkei.com

1月31日お昼頃、札幌市内にある”生活保護自給者”などを対象とした自立支援施設「そしあるハイム」で火災があり、40〜80代の男女11人がお亡くなりになられたの事です。ご冥福をお祈り申し上げます。

今回、なぜこのような火災が起こったのか?、”そしあるハイム”について調べてみました。

 

 

そしあるハイムについて

施設名: 「そしあるハイム」

住所:  札幌市東区北17条東1

運営会社:なんもさサポート

入居者: 16名(男性12名女性4名)40〜80代とのこと。

建物構造: 木造3階建(個室8部屋)

 ”そしあるハイム”という建物は、なんもさサポートという会社が運営する生活困窮者(生活保護、ホームレスなど...)を対象とした自立支援事業所だそうです。

なんもさサポートは、多数のアパートを格安にて提供したり、はたらく場・機会を探したりする支援事業だそうですね。

 

11名死亡。火災の理由・消火活動が遅れたそのわけ。

 事業所の運営上、17時になると職員は退勤し、施設では入居者の方だけになるそうです。

中には体が不自由な方もいらっしゃり、逃げれなかったのではないか、との情報がありました。

職員も退勤し不在だった為、初期消火ができず火が広がってしまったのでしょうか。火災報知器は取り付けられていたのでしょうか?

 そして、消火活動の際、北海道札幌市の積雪量はすごく、雪かきをしながらの消化活動になってしまったようで、思うように消化が進まなかったみたいですね。

 施設を運営する会社の代表は、現場近くにて報道陣の取材に応じたそうです。

「入居者の方々に本当に申し訳ない気持ちだ。」

 火災の原因や報知器などの情報は明言されておらず、今後のニュースに注目ですね。

 

 さいごに

 今回の件で、利用者さん並びに近隣住民の方はひどくショックだろうと思います。

こういった支援事業所の火災が後を絶ちませんが、今後の原因究明の動向が気になりますね。

被害に遭われた入居者さんのご冥福をお祈りします。 続報が入り次第追加していきますので、よろしくお願いします。