CAN I HAVE A !!!

生きる、働く、考える。タナカタクミの思考をデータ化する、言わば言葉のジュークボックスなのである。きっと僕らはそれを持っていられる。

加害者家族のゆくえをリアルに描いた社会派映画 深田晃司監督作品「よこがお」を見てきた。

どうもこんばんわ。田中です。



まったく更新をしていない当ブログですが、過去に書いた記事の評判がとっても良く、何の気なしにPV数を見てみたら驚愕。何千という人がいろんな検索を経て自分の文章に辿り着き読んで下さっている事は筆舌に尽くし難い感動がございますね。
ということで、仕事でも記事を書くことが非常に多いのですが、タナカ個人は個人として、しっかりと積み重ねて行こうと感じました。


ですので、本日からブログ更新頑張りますので、どうか暖かい目で見守っていただけると嬉しいです。

 
⬇︎ご好評をいただいている記事達⬇︎

 

  

続きを読む

NakamuraEmi 「いつかお母さんになれたら」を科学する

f:id:mayasan-129:20190224171918j:plain

NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6より「いつかお母さんになれたら」を科学します。「女性」をテーマにしたアルバム。その”激エモ”さを分解していきましょう。
続きを読む

【全20代に聴いてほしい】 LUCKY TAPES「22」を科学する

f:id:mayasan-129:20190223170140p:plain

調子に乗って恒例化しました。今回はLUCKY TAPES「22」を科学していきます。


LUCKY TAPES – 22 (Official Music Video)

続きを読む

恵方巻き

f:id:mayasan-129:20190203122121j:plain

(まいにちたなか用の画像つくった。)

 

 「今年の恵方は東北東です」ニュースやウェブメディア、朝礼の時の社長までもが、どっちが北か南かを気にしている2月3日、節分。

不動産屋でもない限り、こんなに方角を気にする事ってあんまりないかもしれないなあ、と東北東がどっちかを確認しながら、思っていた。

 

 恵方巻きの文化って、急速に発達したなあ、と思った。バレンタインと同じで、販促キャンペーンの一部だろうし、作られた伝統感は尋常じゃない。イオ○もセ○ンも、こぞって恵方を巻いている。もれなく、恵方を巻いているのだ。

 

 しかし、その作られた伝統に触発され、扇動され、そそのかされ、踊らされるのが我々消費者であって、広告の影響は甚大だ。いわゆる”巻物”は正直好きだし、そんだけ売られてたら食べたくなるし、実際今日は既に食べた。

f:id:mayasan-129:20190203124007j:plain

 

恵方巻きを食べていると、思い出すエピソードがある。

 

 

 あれは高校2年生の2月。甘酸っぱい高2の夏を過ぎ、3年生になろうとしていた。受験・就職。それらを控えている僕らは、現実から逃れるように、何か色々してたと思う。軽音部だったから、部活に熱中してみたり、ゲームに熱中してみたり、バイトに没頭してみたり。

 

 そんな多感な時期に来た2月3日、節分。

僕は学校を早退し、ある場所へ向かっていた。派遣のバイトだ。

日当1万5千円。15時から21時まで、ひたすら恵方巻きを売るという、駅とかでよくある外にあるタイプのお店だ。そこで、売る。恵方巻きをひたすら。売る。

 

仕事の内容はいたってシンプルで、簡単だった。注文を受け、レジで精算し、袋に詰めて渡す。コンビニの簡易版みたいなもので、コンビニのバイトもしてたから要領はわかってたから楽だった。

 

 終業まで残すところわずか30分の、20時30分。その人は突然来た。

 

身長180cmくらいある、巨漢の、西洋人。恵方巻きを2m先くらいからじっと見ていた。20時30分で、コアタイムよりは人通りも少なくなったため、その巨漢の西洋人は特段目立った。西洋人だし、巨漢。目立たないわけがない。

 3分くらいスマホをいじりながら、ナウでヤングな恵方巻きショップを凝視している。流石に目のやり場に困った僕は、彼にアクションを起こすことにした。しかし、西洋の言葉は僕にはとんとわからぬ。(どうしたんだい?)という気持ちを目で訴え、軽く会釈した。

 

 すると、その西洋人の眉毛が大きく動き、明るい表情になった。そして、2mをずっしりと、歩く。牛歩とはこのことかもしれない。「コレナンテヨミマスカ?」とかって言ってたと思う。焦った僕は「エホウマキ!!」(イントネーションは↘︎↗︎↘︎↗︎↗︎)と答えた。巨漢の西洋人は「ウン?」と言った。理解はできていない、確実に。

 

 要は、恵方巻きを説明しろ、と言われているのだ。巨漢の西洋人に。しかし恵方巻きという日本の文化を詰め込んだものを、西洋人に説明するという、難題。しかし機転を利かせた僕は「…スッシロール!!」と言った。

寿司のロールしたやつ。それはあまりにも明確で、西洋人も「オォ!」とか言ってた。並んでる人がちょっと笑ってた。3本指を立て、西洋人は笑顔で購入してた。

 

 あの西洋人は今どこで何してるんだろな、とか思いながら東北東を向いて、恵方巻きを食べた。あの西洋人はどっち向いて食べたんだろう。ちゃんと恵方向いたかな。