言葉のジュークボックス

言葉をレコードにして、しまっておけるなら、どんなに幸せだろう?

放浪したい。

最近、ふと、放浪したいなあ、と思う。

「蒸発しちゃおうかなあ?」とか

「行方不明になっちゃおうかな?」とか。

特に、仕事中に。


いつだったか、先週くらい。仕事中にNHKラジオをぼんやりと聴いていた。 パーソナリティがおすすめの著者を、本文を抜粋しながら紹介するようなコーナーだったと思う。

そこで紹介されてたのが、誰かの放浪記だった気がする。

そこそこ有名な漫画家が、蒸発しようと一念発起し、ファンレターをくれた女性に会いに行き、どうせなら結婚して地方でひっそりと暮らそうという無責任極まりない計画を企む。そんな内容だった気がする。


そんなラジオを聴きながら、憂鬱にも車を運転していたもので、ふと、放浪してえな、と思った。

仕事だって辞めちゃいたいし、頭が痛くなるようなことも沢山あって、もう精神的に蒸発してるような気もした。今もしているのかもしれない。

誰かのために働くのはとっても素晴らしい事だと誰かが言ってたし、自分もそう思うけれど

いつからかその誰かさんに対してのいやな感情を抱いてしまったりする自分がいて、ひどく蔑み、たまに落ち込むことがある。

そんなとき、放浪したいなあ、と思う。きっと、そのなんかの本の著者もそんなんだったんだろうな。

忌々しい現状と、自己嫌悪と、色々と。

どうしても逃げたいなあ、と思ってしまうんだろうな。

逃げ場所が音楽しかないから音楽をやるんだ、って思っていたけど、

本来そこは逃げるための場所じゃないだろ、って。 追い求めて辿り着くための場所だろ、って

漠然とした悩み、焦り、葛藤を喉元に溜め込んだまま

酸素と海とガソリンと、たくさんの気遣いを浪費して

そんなまま日々を終えて、なんとなくぼんやりと、ただ何かから逃げたい毎日で、嫌だなあ、逃げたいなあ、と思って今日も眠り、明日も働きます。


上記の本に心当たりある人がいたら是非教えてください。

#HOTLINEモニターキャンペーン "Earthworks SR40V"レビューしてみた! (+近況と宣伝)

 

あけましておめでとうございまーすっ!!

タナカです。マヤです。 お久しぶりです。

最近は本名でも通名(?)でも呼ばれることが多いから自己紹介の時こまるね。

最近の出来事からお話しします。

 

・12月29日

「森の音楽隊主催"音楽の日々の寄り道”」in千葉ANGAに出演してきましたーっ!

f:id:mayasan-129:20170122155708j:plain

 

もうとっても楽しい企画でした。

活動休止してた仲良しバンドが復活してくれて、とっても嬉しい。

対バンしてくれたバンドさんたち、これからもいい音楽を届けてくれぃ!

ぼくらも頑張りますので要チェケだよ!!

 

f:id:mayasan-129:20170122155843j:plain

この写真がかっこよくて・・・。

 

・1月1日 初日の出みてきたー!

f:id:mayasan-129:20170122155951j:plain

海まで行って初の出をみるなんてはじめてでした。日の出に対して「ありがてぇ・・・」とかほざきながら拝んでました。風邪ひきました。

 

2016年はいろいろな方々にお世話になりまして…。言葉じゃ表しきれないくらい感謝です。ほんとに。

今思えば、三月にライブデビューした屋根裏かぼちゃ。でしたが・・・

f:id:mayasan-129:20170122160448j:plain

(これがだいたい去年の三月おわりくらい。まだギリ高校生)

f:id:mayasan-129:20170122160551j:plain

(これが去年の10月…。)

千葉県最大級のハコでライブできるだなんて思ってもいませんでした。

ちなみに千葉ファイナルへの選出のお電話をいただいたときは膝から崩れ落ちました。

来てくれた方々、応援してくれた方々、本当にありがとうございました。おかげさまで”オーディエンス賞”!! しっかりと揺らしてきたぜっ

 

そして本題・・・。

島村楽器主催”HOTLINE2016"エリアファイナル特典として、モニターキャンペーンで

”Earth works"の”SR40V"を貸してもらっちゃいましたー!!

f:id:mayasan-129:20170122161312j:plain

(服と画面とテーブルがピンク過ぎて、めっちゃピンクが好きな人みたいになってる図)

f:id:mayasan-129:20170122161403j:plain

(スタジオで使ってる図。)

10月からだいたい3か月間、

いろいろ使ってみた結果を淡々とかいていきますよ・・・。

 

f:id:mayasan-129:20170122161600j:plain

(Earth works "SR40V" 近未来感あるデザインでカッコいい。)

定価だいたい10万ちょい。 たかくね?!?!

こんな恐れ多いものを借りてどうしよう…ってなりました。

f:id:mayasan-129:20170122161828p:plain

(なんかよくわかんないけど性能図できなやつ。なんかよくわかんないけど。)

いろんなシーンで使ってみた感想は・・・

・スタジオにて

 声はきもちクリアに感じた。58と比べて、感度が高い分、迫力が増すし、

 中音域から高音域までが綺麗だなぁ、と思いました。

 ただやっぱり、コンデンサなのでvolあげてしまうとハウリングしてしまう。

 コンデンサマイクってスタジオで使うものじゃないんだ…。と知る(?)

・ライブ会場にて

 とあるハコで”ちょっと使ってみたいんでいいですか?”と聞き、持ち込み機材として使用。

 リハーサルにて「びぎいいいいいいん!!!!」と盛大にハウリングしてしまい、断念…。

・自宅レコーディングにて

 いやあ!宅録ではお世話になった! 実にお世話になった!

 アコギの音を録る機会が多く、よーくアコギで使ってましたが

 音がめっちゃきらびやか。それでいて低音から中音域を損なうことなく、しっかりとレンジしてくれてる。 ハンドマイクタイプだからセッティングもしやすいし軽い。

 ボーカル録りに関しても、すっかすかな声にならず、しっかりと深みも押さえてくれる。

 ここでようやく”ああ!このマイク素晴らしいぞ!!”と気づく。

 

いちおう、コンデンサで比較の音源を作ってみました。

個人的にアコギで録る音がとってもきれいなので、アコギのデュオで録りました。

 

まずは所有しているAKG P220"から。Bobby hebbより"SUNNY"です。

 

つづきまして、モニターキャンペーンでお借りした”Earthworks SR40V"

 <

やっべえ違いがどうとかわかんねえ!

SR40Vのほうが若干ウェッティかな・・・? アコギの中音域をしっかりとらえてくれてる気がしますね。

それでいてきらびやかなので、とっても録りやすいマイクだったなあ、というとこです。

宅録用に最適かも。もっともレコーディングスタジオでは使ってないのでわかりませんが

スネアからボーカルやらしっかりとこなせる万能なマイクじゃないかな、と思いました!

 

三か月間ありがとうございました。勉強になりました( ;∀;)!

 

 

さてさて、

来週1月29日は 僕の誕生日に”タナカタクミ爆誕祭”と称しまして

千葉アンガにて企画ライブやっちゃいますよ~!!

 

f:id:mayasan-129:20170122165400j:plain

f:id:mayasan-129:20170122165403j:plain

 楽しいバンドさんばっかりで、もうとっても感動。

この一週間は楽しみで眠れないぜ。

詳細や取り置き希望などは

までよろしくおねがいしまーす!!

 

以上!近況報告とレビューと宣伝でした! またお会いしましょうっ!

死のにおい

最近、病院に行く機会が多い。

この半年間を眺めて考えると、病院に行く機会がめっぽう多い。


一週間前は僕自身入院もしていた。

三日間白い天井を眺めながら過ごしていたし、本を読んだら映画を見たりして過ごしていた。

そして今週、母が入院した。きっと母も同じように過ごしていると思う。 

幸い、僕も母も内臓が悪いだとかそういった類の入院じゃなかった。


病院に行くたびに思う。 無機質で冷たいコンクリート、消毒用のクレゾールの独特なにおい、死期の近い人々の息遣い。

肌や耳、目だとか鼻で感じる。「ああ、特有の”におい”」だと。

それがなんの”におい”なのか。謹んであえていう。「死のにおい」だと僕は呼んでいる。


最近は身近な人の”死”を受け止める機会が多かった。

友達はいろいろあって死にかけてた。命あっての物種だし、生きててよかったって思う。

けれど、亡くなった知人もいる。中学卒業してから会う機会もなかったから、疎遠になってしまっていたけれど、

知らせを受け、動揺した。今でもしてる。


人はいずれ死ぬって、漠然な理解しかしていない人生だった。

18歳になって、嫌な実感の仕方をしたかな、と思う。

死は漠然に広がっていて、けれど、しっかりと僕らの行先に存在してる。


薄っぺらい結論かもしれないけど、周りの死を受け、

後悔しないように生きないと、って思った。

死ぬほど生きないと死ねないな、と。

よくある話とよくない話

漫画やアニメ、小説や映画が好きだ。

学生の頃、作者の気持ちばっかり考えていた国語の授業も、それなりに好きだった。

ストーリーが好きだ。 


「ベタ」という言葉があるそうで。

『ベタな話だね』とか、「よくある在り来たりな」っていう意味らしい。

あまりいい言葉じゃないと思う。

在り来たりは悪とされてるような気がする。当たり障りのない、普遍的な事。 面白みに欠ける。そんな気がする。

それでも『王道』という言葉も存在している。

メジャーな、オーソドックスな。これはいい言葉のように思える。

在り来たりの良さ、普遍的を肯定しているような、そんな言葉。


よくある話には、良くも悪くも魅力がある。 美しい女王さまが悪者に捕らえられ、それを助ける勇猛果敢な主人公。

テンプレートのようなプロットはベタか王道か。

チープなシナリオと言われれば、それまでだろうし、

マ○オとかゼ○ダとか、世界中で大ヒットしている作品にも、テンプレートは用いられている。

でも、筋書きは一緒でも、それぞれ違う。 よくある話の中にも、ベタで王道じゃない部分があると思う。


人はベタに恋をする。人は王道に恋をする。

ベタな馴れ初めで、ベタな告白をして、下手なデートスポットにいく。

そのベタは筋書きだけ。 当たり障りのなさも、二人の溝を埋めるためには必要な事だろうと思うし、

その筋書きがしっかりと出来上がり、二人の王道が出来上がる。 よくある話は、よくない話。

言葉のジュークボックス


はじめまして。知ってる人はこんにちは。

生まれてから約18年の歳月が流れました。

『屋根裏かぼちゃ。』というナウいライブキッズ達にバカ受け中のロックバンド(笑)

そんなバンドでギター弾きながら歌ってる

マヤです。


ブログを初めてみたよ。

特に深い理由はないよ。


『言葉のジュークボックス』

というブログタイトルにしてみた。

ちょっと意味わかんないよね。


思ったこととか

つらつら書いていこうかなとか

思ったりしちゃったりとか。

拙い言葉ではありますが、読んでみて何か思うとこあれば

幸いでございます。